電卓とビジネスマン

業務上の無駄な手間の数々を削減してくれる不動産管理システム

物件の設計図面や過去の修繕対応の記録も専用管理ソフトで一元化

賃貸管理を行う上で、賃貸物件の修繕は必要不可欠なものとなります。如何に人気の地域で建設費用をかけた物件でも老朽化は避けられず、修繕不備により不具合が頻発する際には賃貸借契約すら行えなくなり、収益低下を招きます。しかし、膨大な修繕内容を記録しても、直ぐに確認できなければ意味がありません。そこで不動産管理システムを導入して物件の修繕情報を検索し易くしませんか?
不動産管理システムの強みは、賃貸管理の効率化だけでなく、ペーパレス化もあります。賃貸物件で設備不具合が生じた際に設計図面を確認することになるものの、不動産管理システムにデータ登録すれば、物件の情報を入力するだけで読み出せます。また、過去の修繕情報を細かく残すことができ、同じ不具合が頻繁に発生している際には別の原因の再検討や修繕方法の改善も行い易くなります。
また、老朽化などによる不具合も前回の修繕時期から一定期間が経過することでアラート表示をさせられるなど、予防保全も可能となり賃貸契約者に損失を与えたり、不便さを感じさせることがありません。さらにクラウド型の不動産管理システムならスタッフも出先からさまざまな情報を確認でき、スピーディーに不具合対応することも可能になります。

What's New

不動産管理をスムーズにするには専用のソフトが必要

多くの物件を管理するには、不動産管理システムを使用するのがお勧めです。物件管理をする…

不動産管理ソフトで各スタッフ間の情報共有を速やかに

賃貸管理を物件オーナーから委託されている管理会社は、管理業務だけではなく賃貸契約に結…

不動産管理ソフトで入出金の仕訳処理や支払いを効率化しよう!

賃貸管理を行う上では、膨大な情報管理が必要となり、契約情報やクレームさらには修繕内容…

物件の設計図面や過去の修繕対応の記録も専用管理ソフトで一元化

賃貸管理を行う上で、賃貸物件の修繕は必要不可欠なものとなります。如何に人気の地域で建…

News

Site map

Copyright © 2019 業務上の無駄な手間の数々を削減してくれる不動産管理システム All Rights Reserved.